おすすめの育毛剤が頭皮にパワーを与える~神の力で育つ髪~

先生

AGA用の内服薬です

髪

酵素の働きを阻害します

プロペシアとはAGA(男性型脱毛症)用の内服薬で、世界の多くの国で承認されている薬です。AGAは若い男性に多く見られる薄毛・抜け毛の症状で、生え際が後退したり頭頂部の毛が薄くなったりします。AGAの原因となっているのはDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンです。DHTが毛乳頭の細胞にある受容体と結合すると毛髪の成長が止まってしまうため、細い毛が多くなり抜け毛も増加します。DHTはテストステロンという男性ホルモンから5α還元酵素によって作られます。この5α還元酵素の働きを抑制し、DHTの生成を阻害するのがプロペシアという薬です。DHTが作られなければ毛髪の成長サイクルが正常化するため、毛が太くなり抜け毛も減少します。

男性機能低下や性欲減退

プロペシアは、臨床試験により1年間の投与で58%の改善効果が認められるなど、AGA治療に大きな期待の持てる薬ですが、副作用が気になる人も多いと思います。主な副作用としては男性機能の低下や性欲減退が挙げられます。どちらも副作用が出る確率は1%程度で、男性機能低下に対する不安が原因となっている場合もあります。重大な副作用として肝機能障害が発生する場合がありますが、肝機能障害は薬全般にみられる副作用のため、プロペシアに限らず薬を内服するときにはアルコールを控えるなど肝臓への負担を減らすことが重要です。また、プロペシアはAGAに対して効果がある薬なので、円形脱毛症など他の脱毛の症状に対しては効果がないということに注意する必要があります。